「彩色眼鏡」
d40x.exblog.jp

各画像をクリックすれば大きく表示されます。

カンブリア「SANPO 接続する散歩道3」参加しています。

タグ:modern ( 57 ) タグの人気記事

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

O-Setsu-Y YMO Tribute 再現ライブvol.04 教授ブース
多くの方が興味津々だと思われます機材の写真。

e0121855_12172333.jpg


e0121855_1218664.jpg


最初の曲からPolymoogがガリっていたのは、ラックの中のYamaha E1010 analog delayが原因だったと判明。
モニターヘッドフォン越しに聴いてて、この音が出たときはかなり焦りましたが、弾いてたコバさんが一番焦ったことでしょう。
リハまで機材の調子良かったのに、Polymoogの最高の状態の音をお聴かせすることができなくてほんと残念。。。
でも、本物の御三方が加わったセットでは音が直ったのが救いでした。

でも、こういうトラブルもアナログ機材には付き物ですね。
Polymoogは特に故障しやすいので、これを抱えてのツアーなんてどれだけ大変なのか、想像するだけで頭がクラクラします。。
[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2010-01-19 12:27 | ステージ
O-Setsu-Y YMO Tribute 再現ライブvol.04 終了
無事に終わりました。
予想を遥かに越える500名を上回る方々がお越し下さり、ありがとうございました。
北は北海道、南は熊本からも来て下さったそうで、ただただ感謝の言葉以外には出てきません。
また、来場できなくとも各地から応援の言葉を送って下さった皆様、差し入れを郵送して下さった皆様、出演者&スタッフ一同感謝しております。ありがとうございました。

今回のライブイベントを裏で支えて下さった舞台・音響・警備・庶務の各スタッフの皆様、一番地味で一番大変な仕事を尽くして下さって感謝です。
打ち上げ会場となったペンションSHIOSAIの皆様、ありがとうございました。
ゲストの皆様、O-Setsu-Yのメンバー、良いイベントを創ることができて、ありがとうございました。


以下、写真はリハーサルのものです。
e0121855_17244449.jpg

80年の2000-20ツアーを再現したステージ。
機材はシンセ〜エフェクターにいたるまで、当時と同じものを使っております。
ただし、モジュラーはMoog IIIcではなく、大阪のシンセメーカーREON社製IIIcのクローンを使っております。

e0121855_1725662.jpg

わたし(橋本一子役)のブース。
P-5の上にBossのDelayが置いてありますが、これは本番では使ってません。
わたしのブースは、Prophet-5、Oberheim 4Voice、エフェクターがt.c electronic Phaser、そしてRoland SDE2000 delayです。

そして
e0121855_17245790.jpg

当時のツアーサポートメンバー本人である(左から)藤本敦夫さん(g)、松武秀樹さん(mp)、橋本一子さん(Key)が30年ぶりに揃って登場。
わたしはお三方の演奏を聴いていると感極まって号泣してしまいました。

e0121855_18455878.jpg

一子さん役のわたしは、本物の一子さんにProphet-5を譲り、客席から演奏を堪能。
一緒に演奏したかったなぁ。
でも、演奏を客観的に聴けることも幸せ☆

e0121855_17251470.jpg

楽屋前にて、お約束のツーショット(笑

【 セットリスト 】
[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2010-01-18 17:45 | ステージ
POSTYMO photo exhibition + commmons shop in NAKANOSHIMA BANKS
e0121855_5274473.jpg

教授のコンサートの前に、中之島BANKSで行われている、YMOの写真展に行ってきました。
POSTYMO photo exhibition + commmons shop in NAKANOSHIMA BANKS

その他、コチラ。
http://www.flickr.com/photos/saya-photographia/sets/72157622912985849/

コンサートの後は、招待されて念願の教授と大貫さんとご対面。
そのツーショット写真は公開できませんけど、代わりに頂いたサインを。
e0121855_5324760.jpg


教授は、わたしのニックネームのzonbiで(笑
e0121855_533762.jpg

[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2009-12-21 05:35 |
iPhone
e0121855_2153984.jpg


実は6月26日からiPhone 3GSにしました。
3Gが国内発売されてから、次の世代が発売されるまで待った甲斐があってか、動作も軽快で素晴らしい製品です。
もう、これなしでは生活できないぐらいの存在になってます。

iPhone用のケースは、ヤフオクなどでも出店されている大阪のハンドメイドレザー製品を作ってらっしゃるeputaさんというブランドにオーダーしました。
http://eputa777.dtiblog.com/

お店やネットを探しまわったのですが、なかなか良いのが無くて、そんな中eputaさんを偶然見つけて即メールしました。
ベースとなる形をもとに、こまごまとしたリクエストを盛り込んでカスタマイズしていただき、ほぼ理想のケースとなりとても気に入っております。

お値段も、この素材と手間隙を考えたなら、かなり安いと思います。
お薦めできます。

ただ、あらかじめカメラ用の穴を通常より大きめに作っていただきましたが、それでも革が馴染んでくると全体としての形も緩んでくるので、持ち方によっては穴の淵が影として写り込んでしまいます。
この辺りはオーダーする際に、充分な大きさの穴を開けていただくようにリクエストしたら良いと思いますよ☆
[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2009-08-25 02:28 | mono
大垣
e0121855_14382926.jpg


ずいぶんと更新してませんでしたが、生きてます。
週一で岐阜の大垣まで通っています。
京都駅から95分。意外と近いです。
運賃のほうは、今の期間は18切符が使えるので助かってますが、18切符の期間が終わると少し頭を捻らなくてはなりません。。

写真は、通っている建物の一部です☆
[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2009-08-24 14:42 |
WiMAX 京都市内 回線速度
e0121855_13384883.jpg


Try WiMAXに申し込んで、日々接続テストを繰り返してます。
自宅は速度の振れ幅が大きいようです。
時間帯にもよりますが、下りは1.5〜13Mbpsです。
上りのほうが安定していて、2〜4Mbps。

現在の速度を計ってみたら、以下の通り。
サーバ1[N] 4.21Mbps
サーバ2[S] 4.58Mbps
下り受信速度: 4.5Mbps(4.58Mbps,573kByte/s)
上り送信速度: 3.4Mbps(3.49Mbps,430kByte/s)
 

費用対効果をふまえた通信費の抑制は切実な課題なので、現ADSL解約、NTT固定を一時停止、9月以降auの解約も視野にいれつつ、WiMAXに乗り換えが確定かな。

ベストな目論みは、WiMAX+モバイルルーター+iPhoneで持ち歩いて使えるようになったら、3Gパケ代をも抑えられるので嬉しいのになぁ。

WiMAX 京都市内 接続テスト


ブロードバンドスピードテスト 通信速度測定結果
http://www.bspeedtest.jp/ v3.0.0

京都駅烏丸口バスターミナル近辺 / 曇り / アンテナ5本


測定時刻 2009/07/06 19:40:52
回線種類/線路長/OS:モバイル回線/-/Mac OS 10/京都府
サービス/ISP:-/-
▼1回目
サーバ1[N] 3.96Mbps
サーバ2[S] 4.49Mbps
下り受信速度: 4.4Mbps(4.49Mbps,561kByte/s)
上り送信速度: 2.4Mbps(2.45Mbps,300kByte/s)

▼2回目
サーバ1[N] 3.95Mbps
サーバ2[S] 4.99Mbps
下り受信速度: 4.9Mbps(4.99Mbps,624kByte/s)
上り送信速度: 3.8Mbps(3.89Mbps,480kByte/s)

▼3回目
サーバ1[N] 4.00Mbps
サーバ2[S] 4.12Mbps
下り受信速度: 4.1Mbps(4.12Mbps,515kByte/s)
上り送信速度: 3.1Mbps(3.18Mbps,390kByte/s)

▼4回目
サーバ1[N] 4.01Mbps
サーバ2[S] 4.74Mbps
下り受信速度: 4.7Mbps(4.74Mbps,592kByte/s)
上り送信速度: 3.1Mbps(3.14Mbps,390kByte/s)

川端丸太町 / cafe etw / 窓際席 アンテナ圏外〜1本


測定時刻 2009/07/06 20:06:11
回線種類/線路長/OS:モバイル回線/-/Mac OS 10/京都府
サービス/ISP:-/-
▼1回目
サーバ1[N] 812kbps
サーバ2[S] 447kbps
下り受信速度: 810kbps(812kbps,101kByte/s)
上り送信速度: 220kbps(226kbps,28kByte/s)

▼2回目
サーバ1[N] 943kbps
サーバ2[S] 902kbps
下り受信速度: 940kbps(943kbps,117kByte/s)
上り送信速度: 200kbps(203kbps,25kByte/s)

▼3回目
サーバ1[N] 1.03Mbps
サーバ2[S] 704kbps
下り受信速度: 1.0Mbps(1.03Mbps,129kByte/s)
上り送信速度: 210kbps(212kbps,26kByte/s)

▼4回目
サーバ1[N] 1.27Mbps
サーバ2[S] 1.55Mbps
下り受信速度: 1.5Mbps(1.55Mbps,194kByte/s)
上り送信速度: 450kbps(452kbps,56kByte/s)

四条西木屋町 / カフェ・ラ・シエスタ / アンテナ1本 ※ちなみにお店自体は無線LAN完備です。


測定時刻 2009/07/06 21:40:02
回線種類/線路長/OS:モバイル回線/-/Mac OS 10/京都府
サービス/ISP:-/-

▼1回目
サーバ1[N] 1.03Mbps
サーバ2[S] 1.13Mbps
下り受信速度: 1.1Mbps(1.13Mbps,142kByte/s)
上り送信速度: 85kbps(85kbps,10kByte/s)

京都市伏見区 / マクドナルド・竹田街道店 1階窓際(道路側) / アンテナ 圏外~1本


測定時刻 2009/07/07 01:39:32
回線種類/線路長/OS:モバイル回線/-/Mac OS 10/京都府
サービス/ISP:-/-
▼1回目
サーバ1[N] 902kbps
サーバ2[S] 1.00Mbps
下り受信速度: 1.0Mbps(1.00Mbps,125kByte/s)
上り送信速度: 47kbps(47kbps,5kByte/s)

▼2回目
サーバ1[N] timeout
サーバ2[S] 1.32Mbps
下り受信速度: 1.3Mbps(1.32Mbps,165kByte/s)
uptest skipped

▼3回目
サーバ1[N] 1.04Mbps
サーバ2[S] 741kbps
下り受信速度: 1.0Mbps(1.04Mbps,130kByte/s)
上り送信速度: 94kbps(94kbps,11kByte/s)

▼4回目
サーバ1[N] 1.25Mbps
サーバ2[S] 1.25Mbps
下り受信速度: 1.2Mbps(1.25Mbps,157kByte/s)
上り送信速度: 49kbps(49kbps,6kByte/s)


京都市内のその他の接続テスト結果は、タンブラのほうにも沢山書いてますのでご覧下さい。
http://silent-guitar.tumblr.com/



注目の端末

MW-U2510

[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2009-07-08 14:05 |
八戸香太郎さんのworkshop
e0121855_17103978.jpg


先日、大阪・天王寺のArt Gallery SOHOまで八戸香太郎さんのWork Shopを聞きに行ってきました。
http://web.mac.com/celio_barreto/iWeb/SoHo/Welcome.html

かなり有意義な内容で大満足でした。

◆ワークショップの主旨や概要の感想。


芸術家/アーティストは常に生活の困窮とギリギリなところで活動されている方が少なくありません。
特に、芸術後進国の日本においては芸術家/アーティストを巡る環境は、他の先進国と比べてかなり劣悪な環境におかれているにも関わらず、諸外国のアート事情のコアな舞台裏情報が非常に少ない為に、どれだけ国内が劣悪な環境(足下を見られた環境)なのかが自覚すらできないでいる方が大半だと思われます。

そこで、主にUK(London)、米国(NY、西海岸)、ドイツ、ベルギー、上海、日本の比較において、芸術家/アーティストとギャラリー・美術館・行政・企業・一般人(購入者)それぞれの相関図や位置付け、そして国や場所ごとの作品やお金の流れの違いを紐解いて、芸術家/アーティスト自らが自らの作品を糧に自立してゆくための方法を、八戸香太郎さんがこれまで上記の国を含む世界各国で作品発表の場を自らマネージメントしたりキューレーターとして活動してきたことを通して経験してきた貴重な舞台裏の情報を惜しげも無く写真を交えて披露することで情報をシェアしたり、あるいは問題提起として投げかける…といった内容でした。

同時に、芸術家/アーティストが活動の場を他国に移す場合の生活基盤の助けとなる各国の制度や、それぞれの国におけるアーティストに向けたレジデンスなどの情報、世界の舞台でアーティストがデビューしてゆくまでの流れなども話されていました。
もちろん、様々な疑問や知りたいことがあれば自由に質問できますので、質問には丁寧に答えて下さります。

このワークショップでは話の中心は主に美術やインスタレーション系になりますが、CDが売れなくなってきている音楽業界においても今後は実演…すなわちライブ・パフォーマンスなどによって生活の糧を得る比重が高くなってきている現在、いかに必要経費を協賛企業や公的助成金から引っ張って来れるかなどのマネージメント能力を高めることは音楽家にとっても今まで以上に重要になっております。
同時に、マーケットとしてより大きな世界を舞台にすることも、大きな選択肢として迫られていると思われますし、国内においてもアーティスト自らが自分たちの活動を維持してゆける社会基盤を作ってゆく必要に迫られている時代だと思われます。
そういう意味も含めて、このワークショップの位置づけは非常に有意義だったと思いましたし、今後もこの活動を継続していって欲しいと思いました。

以上、言葉足らずな説明でしたが、このワークショップに少しでも興味を感じられたならば、(もう明日ですけど)6/6の東京ワークショップは定員までまだ少しばかり余裕があるそうなので、是非ともお問い合わせしてみてくださいね。
参加費は僅か3,000円です。
でも、そこで得られる情報の価値は、それよりも遥かに大きなものとなると思いますし、海外進出の際には大きな力ともなり得ると思います。

終了後の食事会で親交をより深めることも可能ですので、ほんとにワークショップへの参加をお薦めします。

また、もしお知り合いに海外進出を考えていらっしゃる芸術家/アーティストさんがいらっしゃれば、是非このワークショップを紹介して下さいね。

お申し込み・お問い合わせ:AAプロジェクトホームページ内「お問い合わせ」フォームよりご記入下さい。
企画・主催:AAプロジェクト実行委員会(http://aa-project.org/index.html

また、この活動に参加してみたいと思われた方がいらっしゃるなら、八戸さんが設立したNPOのAAプロジェクトにご連絡ください。
プロジェクトを大きく動かしてゆく為には、多くの助けを必要としているそうですので、参加歓迎ということです。

e0121855_17152343.jpg

八戸さんは毎週立ってる国が違うぐらい一年中世界を駆け回っているので、昨日が久しぶりの再会でした。
4年ぐらい前に八ちゃんデザインのTシャツを買ったのだけど、代金が未払いだったので、この機に未払いの旨を告白したら、笑って許してくれました☆
良い人だ(笑

■八戸香太郎(Kotato Hachinohe)
現代書道家。1977年札幌生まれ。京都造形芸術大学大学院在学時より活動を開始。若手の書道家として注目される。「言葉との距離」をテーマに、空間全体を書で埋め尽くすインスタレーション作品や、漢字を線や点の最小単位まで分解するペインティング作品を制作、これまで日本の他にアメリカ・イギリス・ロシア・イタリア・ベルギーなどで発表している。最近ロンドンからニューヨークへ拠点を変えたばかり。
http://kotarohatch.com
http://blog.kotarohatch.com/
http://blog2.kotarohatch.com/
[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2009-06-05 17:18 |
公開リハーサル
e0121855_315631.jpg


昨日は大阪・南森町のImplant 4さんのご好意に甘えまして、お店でお昼すぎから19時頃まで6/7のLiveの公開リハーサルをさせていただきました。

わたしはいつもどおりギターだけど、機材はいつもより軽めのセット。
写真は卓上ラックね。
足下にはLooperが2個とLine Selector。

いつもより機材少なめでも、今回はunyo303さんのモジュラーシンセにギターからのLineを1本繋いでます(笑
glitchで刻んだ混声合唱団とでもいうような凄い音がしてました。とてもギターの音には聴こえません(爆

また、今回はわたしらのバンドでREON Drift Box-sを3台使うのですが、今回のLiveの主役・生方さんも使うそうで、ある意味Drift Box-sのためのLiveとでもいうような感じです。
というか、生方さんもDrift Box-S+Akai Head Rush E2という組み合わせということを日記に買いていらして、見事にわたしとダブってます(^^;
プロ30年の大御所である生方さんと、雑草のわたしで同じ機材からどれだけ違う音が出るのかを注目して聴くのも楽しみ方の一つでしょうね。わたしも楽しみです♪

e0121855_315184.jpg



e0121855_3343784.jpg

フライヤーです。
前に載せたのとは少し違います。
わたしの名前なんですが、今回使う名前を連絡してなくて、、、
ゾンビーレというのがわたしの別ニックネームです。

July 7. 2009 (Sun) 電波系音楽会@UrBANGUILD 詳細
[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2009-05-25 04:08 | ステージ
フジイミツグ exhibition 京都
e0121855_2174924.jpg


火曜日からフジイさんの個展が始まったので、お土産&カメラを持って遊びにいってきました。
フジイさんとは昨年からのお付き合いですけど、近所同士ということもあって伏見桃山の某居酒屋さんでCUBE(k5)さんも交えてよく一緒に飲んでます(笑
だから、わたしには作家としての顔というよりも、飲んで食べて大声で笑ってるフジイさんのイメージの方が強いんですけど。。。(爆

そのフジイさんの愛すべきキャラクター達の作品や、羊毛のバッグなど一同に介した個展が12月21日まで行われています。
これらの写真を見て、気になった方は是非とも足をお運びくださいね。

ちなみに、KBS京都のニュースの取材もあったのですけど、放送ではフジイさんの名前が「フジイツグミ」となってました(爆

「フジイツグミ」ではなく、「フジイミツグ」です。

しかも、個展は12月24日までと放送しちゃってました。。。おいおい、KBSさん大丈夫ですか?

個展は12月21日までです!

もちろん、今日のフジイさん&友人達の間ではその話題で持ち切り(^^)
明日から「ツグミちゃん」とお呼びしたほうがいいのでしょうか(笑

フジイミツグ official web

e0121855_2175736.jpg


e0121855_218927.jpg


e0121855_2181790.jpg


フジイミツグ作品展


title 「ダニークンの贈りもの」 presents of dannykun
date 12月16日(火)~12月21日(月)まで
open 11:00〜19:00(最終日は17:00まで)
作家在廊日 16・19・20・21日

くらふとギャラリー・集 しゅう にて
最寄駅:京都市営地下鉄・烏丸御池駅徒歩8分
            市バス・15番、51番、循環100円バスでは堺町御池下車 徒歩3分
            京都バス・61、62、63、65番 堺町御池下車 徒歩3分

住所:京都府京都市中京区堺町通御池下ル丸木材木町680-3
           TEL:075-254-3720
           TEL(075)254-3955
http://www.ac-n.com/

※20日 17:00よりパーティです。(その後ダニークンの忘年会)
作品をゆっくり見られる方は早い目にお越し頂く方が良いと思います。


[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2008-12-18 02:51 | ステージ
Craftwife/f0 
e0121855_1443212.jpg


e0121855_1442398.jpg


e0121855_1444156.jpg


e0121855_1444953.jpg


東京でのLive出演者、トップバッターのCraftwife/f0さんです。

Supercollider(=スパコラ、音響合成のアプリケーション)といえば彼女の名前を知らない人が居ないのではないでしょうか?
そんなスパコラ界の日本を代表する姫様によるメディアアートなLive。
今となってはLiveで使う人も多いiPhoneですが、彼女はその草分けの一人です。
iPhoneにインストールした専用アプリからMacのスパコラをコントロールしてます。
さらにステージ上の彼女の映像をリアルタイムにキャプチャーしてスパコラで加工してスクリーンに映し出していました。

一見したらシンプルなステージなのだけど、それを支える技術として物凄く複雑で高度なことをされて創り上げていました。
他の手段でもできることを敢えてスパコラを介して行なう、その遠回りの仕方の中に作品のクリエイティビティが生じてくるものだと思います。
iPhoneを持っていたとしても、簡単には追従できない細やかなDetailがパフォーマンスの裏側に積み重なっていて、クラフトワーク+ダムタイプを彷彿とさせるカッコイイステージでした。
えがったです。

ちなみに、official webではわたしが撮った写真を使って下さってます。
official web
[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2008-11-28 01:59 | ステージ
[camera]
Nikon D40x
[レンズ]
NIKKOR AI 50mm F1.8
AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6G II
AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G(IF)

copyright © 彩色眼鏡 all rights reserved.
このブログに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。 すべての著作権は「彩色眼鏡」に帰属します