「彩色眼鏡」
d40x.exblog.jp

各画像をクリックすれば大きく表示されます。

カンブリア「SANPO 接続する散歩道3」参加しています。

タグ:Goods ( 48 ) タグの人気記事

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

O-Setsu-Y YMO Tribute 再現ライブvol.04 教授ブース
多くの方が興味津々だと思われます機材の写真。

e0121855_12172333.jpg


e0121855_1218664.jpg


最初の曲からPolymoogがガリっていたのは、ラックの中のYamaha E1010 analog delayが原因だったと判明。
モニターヘッドフォン越しに聴いてて、この音が出たときはかなり焦りましたが、弾いてたコバさんが一番焦ったことでしょう。
リハまで機材の調子良かったのに、Polymoogの最高の状態の音をお聴かせすることができなくてほんと残念。。。
でも、本物の御三方が加わったセットでは音が直ったのが救いでした。

でも、こういうトラブルもアナログ機材には付き物ですね。
Polymoogは特に故障しやすいので、これを抱えてのツアーなんてどれだけ大変なのか、想像するだけで頭がクラクラします。。
[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2010-01-19 12:27 | ステージ
O-Setsu-Y YMO Tribute 再現ライブvol.04 終了
無事に終わりました。
予想を遥かに越える500名を上回る方々がお越し下さり、ありがとうございました。
北は北海道、南は熊本からも来て下さったそうで、ただただ感謝の言葉以外には出てきません。
また、来場できなくとも各地から応援の言葉を送って下さった皆様、差し入れを郵送して下さった皆様、出演者&スタッフ一同感謝しております。ありがとうございました。

今回のライブイベントを裏で支えて下さった舞台・音響・警備・庶務の各スタッフの皆様、一番地味で一番大変な仕事を尽くして下さって感謝です。
打ち上げ会場となったペンションSHIOSAIの皆様、ありがとうございました。
ゲストの皆様、O-Setsu-Yのメンバー、良いイベントを創ることができて、ありがとうございました。


以下、写真はリハーサルのものです。
e0121855_17244449.jpg

80年の2000-20ツアーを再現したステージ。
機材はシンセ〜エフェクターにいたるまで、当時と同じものを使っております。
ただし、モジュラーはMoog IIIcではなく、大阪のシンセメーカーREON社製IIIcのクローンを使っております。

e0121855_1725662.jpg

わたし(橋本一子役)のブース。
P-5の上にBossのDelayが置いてありますが、これは本番では使ってません。
わたしのブースは、Prophet-5、Oberheim 4Voice、エフェクターがt.c electronic Phaser、そしてRoland SDE2000 delayです。

そして
e0121855_17245790.jpg

当時のツアーサポートメンバー本人である(左から)藤本敦夫さん(g)、松武秀樹さん(mp)、橋本一子さん(Key)が30年ぶりに揃って登場。
わたしはお三方の演奏を聴いていると感極まって号泣してしまいました。

e0121855_18455878.jpg

一子さん役のわたしは、本物の一子さんにProphet-5を譲り、客席から演奏を堪能。
一緒に演奏したかったなぁ。
でも、演奏を客観的に聴けることも幸せ☆

e0121855_17251470.jpg

楽屋前にて、お約束のツーショット(笑

【 セットリスト 】
[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2010-01-18 17:45 | ステージ
いよいよ今日。
e0121855_118477.jpg


14日より小田原入りして、15日は機材の搬入とステージ組み、サウンドチェックしてきました。
照明さん、舞台さんも頑張って下さって、ものすごく素敵なステージができました。
あとは、本日16日午前中のゲネプロで、夕方からライブ本番です。
チケットの売れ行きのほうは、お陰様でかなり大好評だそうで、楽しんで頂けるように精一杯やらないと!って改めて気合を入れなおしたところです。

当日券も少し用意できているそうなので、ご興味がございましたら是非いらしてくださいね。

写真は、機材をセッティングしている最中です。
壮観です☆

Yellow Magic Orchestra Tribute
O-SETSU-Y 再現ライブVol.4 テクノポリス2010-30 


今回の再現ライブはYMOが大ブレイクした1980年に行われたYMO初の国内ツアー「テクノポリス2000-20」の再現に挑みます。
今回のスペシャルゲストになんと当時のツアーサポートをされていた松武秀樹さん、橋本一子さん、藤本敦夫さんの参加が決定しました!超豪華なゲストをお迎えし30年を経て1980年の感動が蘇ります!
当時、YMOのライブを見れなかった方々は必見です!

更に日本初のテクノユニット『ガルトデップ』や伝説のYMOコピーバンド「Yセツ王」等の活動を経て音楽活動に限らず執筆、レビュー記事等活動の場を広げている 齋藤久師さんが、チップチューンユニット・8bit Projectより参加決定!

YMOの名曲の数々が8bitサウンドで蘇ります!
今回はゲストヴォーカルのLenaさんを加えたスペシャルバージョンとなります

スペシャルゲスト対談
ナビゲーターにYMO写真集やYMOメンバーへの取材などメンバーからの信頼も厚い、吉村栄一さんをお迎えして 2000-20ツアーや当時の様子など今迄語られなかった秘話などマニア必見のトークに期待です!
そして、あのカリスマ・ゲームクリエーター飯野賢治さんもゲストで出演決定しました!!。

詳細はこちらを↓
http://www.o-setsu-y.com/

開催日:2010年1月16日(土)
会 場:神奈川県松田町民文化センター (地図) 〒258-0003 松田町松田惣領2078

交:通:小田急線 新松田駅下車 徒歩3分、 JR御殿場線 松田駅下車 徒歩3分
開 場:16:00
開 演:17:00
チケット:全席自由¥3,500- イープラスにて発売中

スペシャルゲスト:松武秀樹、橋本一子、藤本敦夫、齋藤久師(from 8bit Project)、Lena、吉村栄一、飯野賢治、他


注意事項:
* 会場には駐車場がございませんので予め御了承下さいますようお願い致します。
* 車でのお越しの際は小田急線 新松田駅周辺のパーキング等をご利用下さい。(200台前後)


[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2010-01-16 01:24 | ステージ
iPhone
e0121855_2153984.jpg


実は6月26日からiPhone 3GSにしました。
3Gが国内発売されてから、次の世代が発売されるまで待った甲斐があってか、動作も軽快で素晴らしい製品です。
もう、これなしでは生活できないぐらいの存在になってます。

iPhone用のケースは、ヤフオクなどでも出店されている大阪のハンドメイドレザー製品を作ってらっしゃるeputaさんというブランドにオーダーしました。
http://eputa777.dtiblog.com/

お店やネットを探しまわったのですが、なかなか良いのが無くて、そんな中eputaさんを偶然見つけて即メールしました。
ベースとなる形をもとに、こまごまとしたリクエストを盛り込んでカスタマイズしていただき、ほぼ理想のケースとなりとても気に入っております。

お値段も、この素材と手間隙を考えたなら、かなり安いと思います。
お薦めできます。

ただ、あらかじめカメラ用の穴を通常より大きめに作っていただきましたが、それでも革が馴染んでくると全体としての形も緩んでくるので、持ち方によっては穴の淵が影として写り込んでしまいます。
この辺りはオーダーする際に、充分な大きさの穴を開けていただくようにリクエストしたら良いと思いますよ☆
[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2009-08-25 02:28 | mono
WiMAX 京都市内 回線速度
e0121855_13384883.jpg


Try WiMAXに申し込んで、日々接続テストを繰り返してます。
自宅は速度の振れ幅が大きいようです。
時間帯にもよりますが、下りは1.5〜13Mbpsです。
上りのほうが安定していて、2〜4Mbps。

現在の速度を計ってみたら、以下の通り。
サーバ1[N] 4.21Mbps
サーバ2[S] 4.58Mbps
下り受信速度: 4.5Mbps(4.58Mbps,573kByte/s)
上り送信速度: 3.4Mbps(3.49Mbps,430kByte/s)
 

費用対効果をふまえた通信費の抑制は切実な課題なので、現ADSL解約、NTT固定を一時停止、9月以降auの解約も視野にいれつつ、WiMAXに乗り換えが確定かな。

ベストな目論みは、WiMAX+モバイルルーター+iPhoneで持ち歩いて使えるようになったら、3Gパケ代をも抑えられるので嬉しいのになぁ。

WiMAX 京都市内 接続テスト


ブロードバンドスピードテスト 通信速度測定結果
http://www.bspeedtest.jp/ v3.0.0

京都駅烏丸口バスターミナル近辺 / 曇り / アンテナ5本


測定時刻 2009/07/06 19:40:52
回線種類/線路長/OS:モバイル回線/-/Mac OS 10/京都府
サービス/ISP:-/-
▼1回目
サーバ1[N] 3.96Mbps
サーバ2[S] 4.49Mbps
下り受信速度: 4.4Mbps(4.49Mbps,561kByte/s)
上り送信速度: 2.4Mbps(2.45Mbps,300kByte/s)

▼2回目
サーバ1[N] 3.95Mbps
サーバ2[S] 4.99Mbps
下り受信速度: 4.9Mbps(4.99Mbps,624kByte/s)
上り送信速度: 3.8Mbps(3.89Mbps,480kByte/s)

▼3回目
サーバ1[N] 4.00Mbps
サーバ2[S] 4.12Mbps
下り受信速度: 4.1Mbps(4.12Mbps,515kByte/s)
上り送信速度: 3.1Mbps(3.18Mbps,390kByte/s)

▼4回目
サーバ1[N] 4.01Mbps
サーバ2[S] 4.74Mbps
下り受信速度: 4.7Mbps(4.74Mbps,592kByte/s)
上り送信速度: 3.1Mbps(3.14Mbps,390kByte/s)

川端丸太町 / cafe etw / 窓際席 アンテナ圏外〜1本


測定時刻 2009/07/06 20:06:11
回線種類/線路長/OS:モバイル回線/-/Mac OS 10/京都府
サービス/ISP:-/-
▼1回目
サーバ1[N] 812kbps
サーバ2[S] 447kbps
下り受信速度: 810kbps(812kbps,101kByte/s)
上り送信速度: 220kbps(226kbps,28kByte/s)

▼2回目
サーバ1[N] 943kbps
サーバ2[S] 902kbps
下り受信速度: 940kbps(943kbps,117kByte/s)
上り送信速度: 200kbps(203kbps,25kByte/s)

▼3回目
サーバ1[N] 1.03Mbps
サーバ2[S] 704kbps
下り受信速度: 1.0Mbps(1.03Mbps,129kByte/s)
上り送信速度: 210kbps(212kbps,26kByte/s)

▼4回目
サーバ1[N] 1.27Mbps
サーバ2[S] 1.55Mbps
下り受信速度: 1.5Mbps(1.55Mbps,194kByte/s)
上り送信速度: 450kbps(452kbps,56kByte/s)

四条西木屋町 / カフェ・ラ・シエスタ / アンテナ1本 ※ちなみにお店自体は無線LAN完備です。


測定時刻 2009/07/06 21:40:02
回線種類/線路長/OS:モバイル回線/-/Mac OS 10/京都府
サービス/ISP:-/-

▼1回目
サーバ1[N] 1.03Mbps
サーバ2[S] 1.13Mbps
下り受信速度: 1.1Mbps(1.13Mbps,142kByte/s)
上り送信速度: 85kbps(85kbps,10kByte/s)

京都市伏見区 / マクドナルド・竹田街道店 1階窓際(道路側) / アンテナ 圏外~1本


測定時刻 2009/07/07 01:39:32
回線種類/線路長/OS:モバイル回線/-/Mac OS 10/京都府
サービス/ISP:-/-
▼1回目
サーバ1[N] 902kbps
サーバ2[S] 1.00Mbps
下り受信速度: 1.0Mbps(1.00Mbps,125kByte/s)
上り送信速度: 47kbps(47kbps,5kByte/s)

▼2回目
サーバ1[N] timeout
サーバ2[S] 1.32Mbps
下り受信速度: 1.3Mbps(1.32Mbps,165kByte/s)
uptest skipped

▼3回目
サーバ1[N] 1.04Mbps
サーバ2[S] 741kbps
下り受信速度: 1.0Mbps(1.04Mbps,130kByte/s)
上り送信速度: 94kbps(94kbps,11kByte/s)

▼4回目
サーバ1[N] 1.25Mbps
サーバ2[S] 1.25Mbps
下り受信速度: 1.2Mbps(1.25Mbps,157kByte/s)
上り送信速度: 49kbps(49kbps,6kByte/s)


京都市内のその他の接続テスト結果は、タンブラのほうにも沢山書いてますのでご覧下さい。
http://silent-guitar.tumblr.com/



注目の端末

MW-U2510

[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2009-07-08 14:05 |
電波系音楽会
e0121855_17464874.jpg

ブログの更新にまでは手が回らなかったのですが、1週間遅れで更新(笑

6/7の電波系音楽会Part2は無事に終わりました。
5~60人もの方々が来て下さって、ありがとうございました。感謝します。

上の写真はLiveのメイン、生方さんのトリオです。
オンドマルトノとテルミンという世界最古の電子楽器の競演でした。
世界最古でありながら、電子楽器として既に完成されてると思えるほど、生楽器のような多彩な音の表情で、かなりびっくりでした。

e0121855_1747159.jpg

mama!milkの清水さん。

e0121855_17471853.jpg

今回のわたしの机上。

この日は、世界に限定50台しか無いDrift Box-sが、この場所に4台(笑
Drift Boxが出演者を引き寄せたかのようです。

わたしらの演奏は、15分押しで始まったからほぼキッカリ30分で終えました。
でもステージ上では5分ぐらいの感覚でした。
今回も、メンバー間ではステージ進行に関する簡単な打ち合わせのみの完全に即興でしたので、どんな反応が返ってくるのか心配でしたが、後で尋ねて回るとやはり難解だったようです(^^;
演奏のイメージはクラスターでしたから、まぁ、それもいいかなって思いますが。。


Live後半の動画です。

[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2009-06-15 17:59 | ステージ
公開リハーサル
e0121855_315631.jpg


昨日は大阪・南森町のImplant 4さんのご好意に甘えまして、お店でお昼すぎから19時頃まで6/7のLiveの公開リハーサルをさせていただきました。

わたしはいつもどおりギターだけど、機材はいつもより軽めのセット。
写真は卓上ラックね。
足下にはLooperが2個とLine Selector。

いつもより機材少なめでも、今回はunyo303さんのモジュラーシンセにギターからのLineを1本繋いでます(笑
glitchで刻んだ混声合唱団とでもいうような凄い音がしてました。とてもギターの音には聴こえません(爆

また、今回はわたしらのバンドでREON Drift Box-sを3台使うのですが、今回のLiveの主役・生方さんも使うそうで、ある意味Drift Box-sのためのLiveとでもいうような感じです。
というか、生方さんもDrift Box-S+Akai Head Rush E2という組み合わせということを日記に買いていらして、見事にわたしとダブってます(^^;
プロ30年の大御所である生方さんと、雑草のわたしで同じ機材からどれだけ違う音が出るのかを注目して聴くのも楽しみ方の一つでしょうね。わたしも楽しみです♪

e0121855_315184.jpg



e0121855_3343784.jpg

フライヤーです。
前に載せたのとは少し違います。
わたしの名前なんですが、今回使う名前を連絡してなくて、、、
ゾンビーレというのがわたしの別ニックネームです。

July 7. 2009 (Sun) 電波系音楽会@UrBANGUILD 詳細
[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2009-05-25 04:08 | ステージ
Singing Bowl
e0121855_305385.jpg


先日、カレー食べた後に、最近チエさんがハマっているというSinging Bowlを触らせてもらった。
Singing Bowlはチベットの法具で、ボウルのふちを棒で擦って音を発する瞑想用の楽器といったところでしょうか。
この音が身体の隅々まで響き渡って、すごく心地良いんです!

昨年、大垣でガムランの打楽器を叩いてきたときにも感じましたが、近年は音楽のデジタル化が進み、CDやmp3化された音源は人間の耳の可聴域である20Hz~20kHz以内だけの音しか記録・再生されなくなりました。
しかし、元々私たちは音を鼓膜だけでなく、皮膚や骨といった身体全体で浴びて聴いていたわけです。
このSinging Bowlにしろ、ガムランの金属系打楽器にしろ、音を鳴らすと可聴域を越えた複雑で豊かな倍音成分が響き渡っており、それが耳で知覚できなくても身体全体を揺さぶっているのです。
聴いていても疲れないし、精神がリラックスできて、そしてもっと音を浴びていたいって思えます。

身近なところで、風鈴の透き通った音なんかも、空気に馴染んでいる音なのであまり邪魔に感じないし、耳をそっと傾けていると心地良かったりしますよね♪

このような複雑で豊かな倍音を含む音を浴びることを「倍音浴」と、わたしは呼んでますが、今後は「倍音浴」をテーマの一つに据えて、音楽をやっていきたいなぁって思いました。

あ、もちろん、今まで通り電子音によるエレクトロニカ/アンビエントもやりますけど。


e0121855_31247.jpg



動画では可聴域の音しか再生されないので、音の本来の響きや良さは伝わりませんし、逆に耳障りな音に感じるかもしれませんが、参考までに載せておきます。
[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2009-05-21 03:29 | cafe
とんぼりワッショイのライブ後記
5/5とんぼりワッショイのライブ後記

この日は生憎の小雨。
電子楽器での屋外ライブは不可能なので中止の流れでしたが、わざわざ足を運んで見に来て下さった方もいらっしゃいますから、PAテントの中に演奏ブースを急遽作って頂いてのライブを強行してきました。
今回のような状況下での即興演奏は不慣れでしたので、沢山勉強になりました。

雨の中を見に来て下さって、ありがとうございました。
スタッフの皆さん、ありがとうございました。


3年前から再開発が進む道頓堀。
道頓堀川の河川敷へとんぼりリバーウォークという遊歩道が作られて、そこでイベントが行われました。
下の写真の赤い絨毯のところがステージでしたが、雨のため急遽PAブースがある白テントの中で演奏しました。
e0121855_1605974.jpg


テントの中はこんな感じ。
左手前から、肥後さん、Cube(k5)さん、わたし。
わたしは、ギターとdrift box-s(後述)を使いました。
e0121855_161171.jpg


演奏をしてると、目の前を船が通り過ぎるという、なんともおかしな光景。
e0121855_1612838.jpg


(以上: 写真提供 unyo303さん)


今回から使っている、関西発の新シンセサイザーメーカーREON社のdrift box-s
手のひらサイズで、ツマミ類も簡潔にまとめられていますが、筐体からは想像できないような強烈な音がします。
6/7のライブでは、Nさん所有のdrift box2台と、わたし所有の1台、計3台使います(笑
乞うご期待です。
e0121855_16138100.jpg



道頓堀の戎橋の横でライブするということは、東京でいう新宿アルタ前や渋谷109前といったところで、そんな大阪で最も賑わう街角の中で音を放つ経験は貴重でしたので感謝感謝です。

街を賑わす騒音の中で音楽をするとなると、ロックバンドなどのように爆音でもって騒音と対峙してねじ伏せる方法が一番手っとり早いのでしょうけど、わたしらの音楽スタイルならば街の音と対峙しようとしたりするのでなく、街の音をも演奏に組み込めるような余裕や配慮ができるようになれたらいいなと思いました。
[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2009-05-08 16:22 | ステージ
橋本一子さん
e0121855_4473592.jpg


橋本一子さんのライブに行ってきました。
いや、正確には妹の橋本眞由己さんのレコ発ライブで、今日から橋本姉妹ツアーをされます。

一子さんといえば、YMOの2000-20ツアーにキーボーディストとして参加されたことも有名ですが。アバンギャルドから極上ポップスまでジャンルにとらわれない自由奔放なアルバムやライブ、セッションと活躍されている憧れの人です(^^)
近年ではアニメのラーゼフォンのサントラ(大作!!)なども手がけております。

一子さんの近代フランスの響きの系譜にある和声感覚がわたしのツボで、ファンでした♪
ライブは流石!と言っていいほど、表現力が凄かった。
ピアノはppp〜fffまで、on beatからoffbeatまで縦横無尽。

眞由己さんの声は透き通るような奇麗な声でした。素晴らしいです☆
こんな声を出す人、久しぶりに見ました!!¥

86年の「VIVANT」と92年の「ロマンティックな雨」のCDを持っていってサインして頂きました☆☆
感無量です。

ちゃっかり一緒に写真も撮ってもらいました♪
e0121855_4475342.jpg

わたしよりも、だいぶお姉さんなのですけど、すっごーーーーーーくキレイでした!!
素敵♪


e0121855_512668.jpg

橋本眞由己「未来へ」ツアー


橋本眞由己 (vocal)
橋本一子(piano,vo)
吉野弘志(bass)

4月9日(木)6時開場 7時半開演
京都「ラグ」telephone 075-241-0446

4月10日(金)6時開場 8時開演
名古屋「ラブリー」telephone052-951-6085

4月11日(土)6時半開場 7時半開演
神戸「クレオール」telephone 078-251-4332

[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2009-04-10 04:57 | ステージ
[camera]
Nikon D40x
[レンズ]
NIKKOR AI 50mm F1.8
AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6G II
AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G(IF)

copyright © 彩色眼鏡 all rights reserved.
このブログに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。 すべての著作権は「彩色眼鏡」に帰属します