「彩色眼鏡」
d40x.exblog.jp

各画像をクリックすれば大きく表示されます。

カンブリア「SANPO 接続する散歩道3」参加しています。

タグ:街角 ( 55 ) タグの人気記事

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

ひさびさにブログ更新。

7月は京都造形でのマラルメプロジェクト。
RAKASUさんと203gowさんと吉村さん、cueさん、あゆみちゃんとお昼に待ち合わせて
Prinzでランチしてから観覧。
舞台の前には小沼さんがわざわざご挨拶にわたしの席まで来てくださって、大変恐縮。。

言葉というものはわたしにとって遠いものだけど、遠さ故に新鮮な響きとなりました。
教授のステージのときに京都はゲリラ雷雨だったのですが、
劇場内ではSEなのか本物なのか判断できないほど雷雨の音がステージ上の音風景と馴染んでいて、
奇跡的な立体音響的な空間が現れました。
これには教授も良かったとおっしゃってましたが、わたしも本当にそう感じました。
舞台後に吉村さんのはからいで楽屋にお邪魔して教授にご挨拶。


8月8日は東京の夢の島公園でワールドハピネス。
今回はふりぺでもcommmonsさんのブースの一部をお借りして物販をしました。
e0121855_5523161.jpg

今回も自分でチケット買って行ったのですが、観るのは半分で、あとはブース近辺で呼び込みしたりしてました。
ワーハピのYMOはかなり良かった。
千のナイフでは、あの緩いBPMで僅かに跳ねながらもずっとリズムキープしてるのって凄く難しいのだけど、それを決めてしまうところは流石にプロ中のプロ。
スライのThank You なんてもうドファンク。
教授と年始にお話したときに80年代のYMOはモータウンDISCOだったけど、今年のYMOはスライでファンクだよって教えてくださったのですが、ほんとにその通り!
もう踊りまくりでした。

宿泊はショコラータのKeyの蕗子さん宅にお世話になりました。
初日はカエデさんと一緒に鉄板焼きを食べましたー☆
すごく親切にしてくださって、感謝感謝です。


8月12日は再び東京に行き、ふりぺのパーティー
http://freepets.jp/
メンバーの殆どが参加して、ものすごい面々が揃ったのですけど、すっごく面白かった。
動物の話も交えながら、それ以外の話でもかなり盛り上がりました。
わたしは写真班として写真を撮ってたのですが、とにかく会場が暗い。。
フラッシュを炊くと雰囲気を捉えられないので、35mm F1.8Gを持っていってISO800で撮ったけど、
思いのほかノイズが強くて後悔。。申し訳ないです。。。
うーん、フラッシュでうまく撮れるようになっておかねば。
2次会は教授に連れられて20人ほどで西麻布の某Barへ。
でも、何故か路上に繰り出して、教授達と路上トーク(笑
2次会はcueさんも合流して、これまたすごく盛り上がりました。
教授がすごく気さくで面白かったなぁ。
世間では世界のサカモトなんて言われてらっしゃるけど、そういうのを鼻にかけた素振りもまったくなく
ユーモアとサービス精神と、そして何よりも情熱的で、ますます大好きになりました(^^)
昔はけっこう無茶もされたようですが(笑)、本当に素敵な人です。
e0121855_5524294.jpg


3次会はniuちゃんのエスコートで、映像作家の澤口佳代さんと3人で渋谷の夜カフェへ。
オープンエアーですごく素敵な雰囲気のお店。
人も優しい♪
niuちゃんもとても素敵な人。
モデルだけあって、超小顔で身長高くてスレンダー♡ 憧れまくり〜
溝口さんもとても綺麗で聡明な方☆
朝までniuちゃん達とお喋りして、6時過ぎの電車で帰路。
帰りももちろん18切符でした(^^)
[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2010-08-16 06:15 | 想い
POSTYMO photo exhibition + commmons shop in NAKANOSHIMA BANKS
e0121855_5274473.jpg

教授のコンサートの前に、中之島BANKSで行われている、YMOの写真展に行ってきました。
POSTYMO photo exhibition + commmons shop in NAKANOSHIMA BANKS

その他、コチラ。
http://www.flickr.com/photos/saya-photographia/sets/72157622912985849/

コンサートの後は、招待されて念願の教授と大貫さんとご対面。
そのツーショット写真は公開できませんけど、代わりに頂いたサインを。
e0121855_5324760.jpg


教授は、わたしのニックネームのzonbiで(笑
e0121855_533762.jpg

[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2009-12-21 05:35 |
大垣
e0121855_14382926.jpg


ずいぶんと更新してませんでしたが、生きてます。
週一で岐阜の大垣まで通っています。
京都駅から95分。意外と近いです。
運賃のほうは、今の期間は18切符が使えるので助かってますが、18切符の期間が終わると少し頭を捻らなくてはなりません。。

写真は、通っている建物の一部です☆
[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2009-08-24 14:42 |
八戸香太郎さんのworkshop
e0121855_17103978.jpg


先日、大阪・天王寺のArt Gallery SOHOまで八戸香太郎さんのWork Shopを聞きに行ってきました。
http://web.mac.com/celio_barreto/iWeb/SoHo/Welcome.html

かなり有意義な内容で大満足でした。

◆ワークショップの主旨や概要の感想。


芸術家/アーティストは常に生活の困窮とギリギリなところで活動されている方が少なくありません。
特に、芸術後進国の日本においては芸術家/アーティストを巡る環境は、他の先進国と比べてかなり劣悪な環境におかれているにも関わらず、諸外国のアート事情のコアな舞台裏情報が非常に少ない為に、どれだけ国内が劣悪な環境(足下を見られた環境)なのかが自覚すらできないでいる方が大半だと思われます。

そこで、主にUK(London)、米国(NY、西海岸)、ドイツ、ベルギー、上海、日本の比較において、芸術家/アーティストとギャラリー・美術館・行政・企業・一般人(購入者)それぞれの相関図や位置付け、そして国や場所ごとの作品やお金の流れの違いを紐解いて、芸術家/アーティスト自らが自らの作品を糧に自立してゆくための方法を、八戸香太郎さんがこれまで上記の国を含む世界各国で作品発表の場を自らマネージメントしたりキューレーターとして活動してきたことを通して経験してきた貴重な舞台裏の情報を惜しげも無く写真を交えて披露することで情報をシェアしたり、あるいは問題提起として投げかける…といった内容でした。

同時に、芸術家/アーティストが活動の場を他国に移す場合の生活基盤の助けとなる各国の制度や、それぞれの国におけるアーティストに向けたレジデンスなどの情報、世界の舞台でアーティストがデビューしてゆくまでの流れなども話されていました。
もちろん、様々な疑問や知りたいことがあれば自由に質問できますので、質問には丁寧に答えて下さります。

このワークショップでは話の中心は主に美術やインスタレーション系になりますが、CDが売れなくなってきている音楽業界においても今後は実演…すなわちライブ・パフォーマンスなどによって生活の糧を得る比重が高くなってきている現在、いかに必要経費を協賛企業や公的助成金から引っ張って来れるかなどのマネージメント能力を高めることは音楽家にとっても今まで以上に重要になっております。
同時に、マーケットとしてより大きな世界を舞台にすることも、大きな選択肢として迫られていると思われますし、国内においてもアーティスト自らが自分たちの活動を維持してゆける社会基盤を作ってゆく必要に迫られている時代だと思われます。
そういう意味も含めて、このワークショップの位置づけは非常に有意義だったと思いましたし、今後もこの活動を継続していって欲しいと思いました。

以上、言葉足らずな説明でしたが、このワークショップに少しでも興味を感じられたならば、(もう明日ですけど)6/6の東京ワークショップは定員までまだ少しばかり余裕があるそうなので、是非ともお問い合わせしてみてくださいね。
参加費は僅か3,000円です。
でも、そこで得られる情報の価値は、それよりも遥かに大きなものとなると思いますし、海外進出の際には大きな力ともなり得ると思います。

終了後の食事会で親交をより深めることも可能ですので、ほんとにワークショップへの参加をお薦めします。

また、もしお知り合いに海外進出を考えていらっしゃる芸術家/アーティストさんがいらっしゃれば、是非このワークショップを紹介して下さいね。

お申し込み・お問い合わせ:AAプロジェクトホームページ内「お問い合わせ」フォームよりご記入下さい。
企画・主催:AAプロジェクト実行委員会(http://aa-project.org/index.html

また、この活動に参加してみたいと思われた方がいらっしゃるなら、八戸さんが設立したNPOのAAプロジェクトにご連絡ください。
プロジェクトを大きく動かしてゆく為には、多くの助けを必要としているそうですので、参加歓迎ということです。

e0121855_17152343.jpg

八戸さんは毎週立ってる国が違うぐらい一年中世界を駆け回っているので、昨日が久しぶりの再会でした。
4年ぐらい前に八ちゃんデザインのTシャツを買ったのだけど、代金が未払いだったので、この機に未払いの旨を告白したら、笑って許してくれました☆
良い人だ(笑

■八戸香太郎(Kotato Hachinohe)
現代書道家。1977年札幌生まれ。京都造形芸術大学大学院在学時より活動を開始。若手の書道家として注目される。「言葉との距離」をテーマに、空間全体を書で埋め尽くすインスタレーション作品や、漢字を線や点の最小単位まで分解するペインティング作品を制作、これまで日本の他にアメリカ・イギリス・ロシア・イタリア・ベルギーなどで発表している。最近ロンドンからニューヨークへ拠点を変えたばかり。
http://kotarohatch.com
http://blog.kotarohatch.com/
http://blog2.kotarohatch.com/
[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2009-06-05 17:18 |
とんぼりワッショイのライブ後記
5/5とんぼりワッショイのライブ後記

この日は生憎の小雨。
電子楽器での屋外ライブは不可能なので中止の流れでしたが、わざわざ足を運んで見に来て下さった方もいらっしゃいますから、PAテントの中に演奏ブースを急遽作って頂いてのライブを強行してきました。
今回のような状況下での即興演奏は不慣れでしたので、沢山勉強になりました。

雨の中を見に来て下さって、ありがとうございました。
スタッフの皆さん、ありがとうございました。


3年前から再開発が進む道頓堀。
道頓堀川の河川敷へとんぼりリバーウォークという遊歩道が作られて、そこでイベントが行われました。
下の写真の赤い絨毯のところがステージでしたが、雨のため急遽PAブースがある白テントの中で演奏しました。
e0121855_1605974.jpg


テントの中はこんな感じ。
左手前から、肥後さん、Cube(k5)さん、わたし。
わたしは、ギターとdrift box-s(後述)を使いました。
e0121855_161171.jpg


演奏をしてると、目の前を船が通り過ぎるという、なんともおかしな光景。
e0121855_1612838.jpg


(以上: 写真提供 unyo303さん)


今回から使っている、関西発の新シンセサイザーメーカーREON社のdrift box-s
手のひらサイズで、ツマミ類も簡潔にまとめられていますが、筐体からは想像できないような強烈な音がします。
6/7のライブでは、Nさん所有のdrift box2台と、わたし所有の1台、計3台使います(笑
乞うご期待です。
e0121855_16138100.jpg



道頓堀の戎橋の横でライブするということは、東京でいう新宿アルタ前や渋谷109前といったところで、そんな大阪で最も賑わう街角の中で音を放つ経験は貴重でしたので感謝感謝です。

街を賑わす騒音の中で音楽をするとなると、ロックバンドなどのように爆音でもって騒音と対峙してねじ伏せる方法が一番手っとり早いのでしょうけど、わたしらの音楽スタイルならば街の音と対峙しようとしたりするのでなく、街の音をも演奏に組み込めるような余裕や配慮ができるようになれたらいいなと思いました。
[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2009-05-08 16:22 | ステージ
神出鬼没 2
e0121855_19443425.jpg


フジイモデルのミニスカ後姿はきょんちゃんです。
先日の撮影の応援に駆けつけてきたところです。
[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2009-02-09 20:02 |
神出鬼没
e0121855_505215.jpg

昨日はフジイミツグさんの某企画の撮影に行ってきました。
詳しくは省きますが、フジイさん+数人のスタッフで街のいろんなところに神出鬼没しながらの撮影でした。


e0121855_511044.jpg
e0121855_513087.jpg

[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2009-02-08 05:10 |
京・紅・様 〜南禅寺〜
e0121855_2182327.jpg


南禅寺の水路閣です。

人知れず物陰にポツンと佇んでいる紅葉を見ると、なんだか自分自身と重なって見えてしまいます。。。

だからなのか、こういう小さい秋が好きです。

e0121855_2205669.jpg


e0121855_9131912.jpg


e0121855_222162.jpg

[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2008-12-03 02:22 | 植物
トランペット
e0121855_1115842.jpg


e0121855_1121195.jpg


前回に引き続き、東京でのLiveでの小西徹郎さんです。
もともと雰囲気がある方なので、トランペットを持つと更にサマになりますよね。
[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2008-11-26 23:06 | ステージ
La Placard Kyoto終りました。
saya nishida

La Placardでのライブが終わりました。
観にきて下さった方々、有り難うございました!!

いつもはわたしが写真撮ってるから自分のライブ写真は撮れないので写真が無いのですけど、今回はKAiTOPさんにわたしの写真をお願いしてカメラを託しました。
流石、元報道カメラマンだけあって、30年前のレンズによってMF&露出計の作動しないカメラと化しているD40xを簡単に使いこなしておられました♪
流石ですねー。
感謝感謝です☆


以下はわたしが撮った会場の写真です。
このライブ会場は京町屋を改修したイベントスペースの2階の和室(笑。
ヘッドフォンで聴くライブなので、会場の皆さんはヘッドフォン着用なので、↓こんな感じです。
しかし、これがまたまったりほっこりできて良いのです。

音楽を提供する側としても、ヘッドフォンと言う閉ざされた空間であるからこそ一般的なライブ形態では不可能な微小な音や微妙な定位を縦横無尽に使えるのです。
つまり、スピーカーから音を出すライブよりも逆に表現としての音空間は広くなるのですよね。
実際に演奏したり、他の方のLiveを拝聴していて、この形態のライブはいろんな可能性と面白みがあって”有り”だと思いました。特にエレクトロニカ系のライブにおいては、一つのライブの形として世界的に定着するでしょうね。

演奏するのも聴くのもすごく面白かったので、来年も出演したいと思います。












今回は、Photoshop Expressという画像編集機能のついた写真共有サービスにアップロードした写真をExcite Blogに貼ってます。
http://www.photoshop.com/
今年3月にbeta版が公開された日にアカウントを取って、写真の受け渡しで使っていたのですけど、試しに貼ってみようということでやってみました。
[PR]

にほんブログ村 写真ブログへ←これなんかもポチっと押して下さったら町内をスキップしちゃいます♪

by d40x | 2008-11-10 03:56 | ステージ
[camera]
Nikon D40x
[レンズ]
NIKKOR AI 50mm F1.8
AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6G II
AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G(IF)

copyright © 彩色眼鏡 all rights reserved.
このブログに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。 すべての著作権は「彩色眼鏡」に帰属します